High Speed Logistics

物流拠点が多く存在するところ

物流拠点は通常交通の便利がよいところに設けるのが一般的です。
町中などでは一定以上の敷地面積の確保は難しく、またトラック等の出入りにも不便ですから、少し離れた郊外の高速道路のインターチェンジ付近に設けることで、物流をし易くするといった対応を考えることが多くなっています。
配送関係であるとか、あるいは郊外に工場を設けている場合などでその工場への入庫あるいは出庫のために、拠点を設けるといったことが挙げられます。
高速道路へのアクセスがよければ、それだけ物流には楽です。
ただ、ガソリン代の高騰などもあって、遠距離を運ばなければならない場合には、物流コストが高く付くこともあり、運ぶ物品の種類によっては鉄道貨物の量を増やす傾向もあります。
この場合には、鉄道貨物へのアクセスがよい場所に、土地を借り受けるようにして拠点を設け、トラックの時と同じ発想で同じように対応をしていくこともあるわけです。
つまり、町中での小回りを気にしなくてもいい場所で、かつ遠距離への貨物の搬送がし易い場所を絞り込んで拠点を設けることで、運送にかかるコスト削減を図るのが企業の考え方となってきます。
もし行政が誘致を考える場合には、こうした視点で考えていくことが必要でしょう。

物流業界で必要とされている職種

仕事を行う内容としては各業界によって非常に多くの業種があり、その中でも物流業界というものがあります。
物流業界はあらゆるメーカーや商社、問屋など何かしらの商品などの物資を輸送するようなシーンで活躍をしています。
一般的に見ることのできる場面としては、大きな倉庫などを用意していて、トラックなどが出入りしている会社などが代表的な例として挙げることができます。
各商品を倉庫の中に納品することになり、必要に応じて出荷作業が行われる方法ですが、この業界で必要とされている職種がいくつか存在しています。
まずは、入荷に関して伝票と照らし合わせて納品を行うスタッフなどが必要になり、フォークリフトなどを使って什器に商品などを収める職種の方も存在しています。
倉庫によってはピッキング作業を行う場面もあり、出荷伝票などを見ながら作業を行ったり、現在ではハンディーターミナルを用いてピッキングを行う方法も定着しています。
出荷の際にはトラックの運転手として活躍をしているスタッフも存在していて、会社によっては複数の業者が出入りしている場面も見ることができます。
中には24時間稼働している倉庫などもあり、事務作業を行うスタッフなど、事務所を併設していることも一般的です。

check

STILL BY HAND
http://item.rakuten.co.jp/ocres/c/0000000167/
東京 ケータリング
http://www.favorite.co.jp/
軽井沢 不動産
https://www.shinkofudousan.jp/
フルエタニティリング
http://www.rakuten.co.jp/cscs/
オーダーメイド ゴルフクラブ
http://www.again3.com/
卒業式 袴 レンタル
http://www.sotsugyo-hakama.com/
シザー
http://www.hien-scissors.jp/

最終更新日:2016/8/9